銭湯に来るお姉さんはみ~んなどスケベ!~番台くんのHなお仕事 第2話ネタバレ

銭湯に来るお姉さんはみ~んなどスケベ!2

ギャルのお姉さんにマッサージしてたら押し倒されて…

「はぁん…ねぇキミ…初めて?」

「はじ…めて …?」

番台くんはお姉さんに言われた『初めて』の意味が分からない。

「あっこれっ…腰が勝手にっ!」

そんな中、番台くんの腰が勝手に動き出す。

「これがセッ◯スだよ」

「セッ◯ス…それって…」

番台くんの腰の動きは止まらなくなる。

「あ〜新品のおち◯ちん…」

「白いの出しちゃったらぁ…お姉さん妊娠だかんね…」

お姉さんにそんな事言われてもまたすぐ出そうになっている番台くん。

しかし腰の動きを我慢して止める事も出来ない。

「我慢しないとデキちゃうぞ」

「はぁっ…ああぁぁッ!ゴメンなさいっゆかりお姉さぁぁぁんっ」

頭の中が真っ白になってしまった番台くんはもう何も考えられない。

「今日の事はナイショだよ♡」

そして翌日になり…

昨日のアレは夢だったのか…

番台くんはボーっとしながら今日も番台に座っていた。

由香梨さんの…おっぱい…セッ◯ス…

そこへ突如やって来た客。

「ね−!マッサージしてくんない?」

逆らうと怒られそうな怖い声で入って来た。

「は はい…ただいま…」

客は全裸になってうつ伏せになった。

は…はだか…またエッチな予感がする…

怖そうな人だ…ヤンキーってやつ…?

「あっああん…そこ…もっと強くしてぇ」

「!!男湯のお客さんに聞こえちゃいますから!!」

大きな声を出すギャルのお姉さんに番台くんは焦ってしまう。

マッサージを止めたら怒られそうで止めれない。

それに手が気持ちいい…

お尻まで触ってみたい…

するとそんな番台くんの手つきに違和感を覚えるお姉さん。

オイオイ…手つきがスケベだな…この子…

そこでお姉さんは番台くんをからかってやろうと思いつく。

「お尻も揉んでくれる?」

え…いいの?

番台くんは嬉しい気持ちと緊張で生のお尻を揉み始めた。

あれ…?コイツ揉むの上手い…

思いの外、番台くんの揉み方が上手いのでお姉さんは驚いた。

「んっ…んぅ…」

スベスベで柔らかなお姉さんのお尻を揉んでいる内に番台くんのおち◯ちんはまた大きくなってきた。

「やだ…撫でないでよぉ…」

揉んでから撫でる方へマッサージを変えるとお姉さんは気持ちが良さそうだ。

その表情に番台くんのおち◯ちんが反応してムズムズする。

「んっ…いいよ…ホント上手…」

番台くんは思った…

エッチな声…もっとその声聞かせて…

「あんっ…ふぅ…」

我慢できなくなった番台くんはお姉さんの背中から手を伸ばしおっぱいを揉み始めた。

「ちょ…っ!!」

突然おっぱいを揉まれたお姉さんは驚いてしまう。

「そ…そっちは揉まなくていいから…!」

「大丈夫です…おっぱい見ませんから…っ」

「そいう問題じゃ…あんっ…」

お姉さんは揉まれているうちに気持ち良くなってくる。

「気持ち良いですか…?」

「うん…イイよ…」

ちくしょうー興奮してきちまった…我慢なんかできねーよ!!

「やっぱり勃◯してたか♡」

「あああ!すみません!許してください…!」

番台くんのHなお仕事。

銭湯に来るお姉さんはみ~んなどスケベ!

ギャルのお姉さんにマッサージしてたら押し倒されて…

銭湯に来るお姉 さんはみ~んなどスケベ!3

 

番台くんのおち◯ちんに自ら挿入し…

 

 

-銭湯に来るお姉さんはみ~んなどスケベ!

Copyright© 銭湯に来るお姉さんはみ~んなどスケベ!無料画像とエロ漫画ネタバレを一気読み! , 2019 All Rights Reserved.